現在よりもより多く残業をしたりして稼ぐように心がけても、お金持ちになる事はあり得ない事です。
会社などに従業員として使われている間は、その会社が給与として与えるお金しか確保できないので、将来にどれだけのお金が増えるのか予想できます。
お金持ちになるには、人とは違った事をする必要があります。
ちょっとした小物でも奇抜な商品を発明するアイディアがあれば、そのアイディアを基に企業に売り込むこともできるし、新タイプの商品を発売し特許を保持しているだけで多くのお金が入ってくるかもしれません。
そして、パソコンのフリーソフトや、スマホのアプリなど多くの人が便利に利用できるソフトを提供し、ユーザーが多く集まったら有料化することで、ソフトの使用量でお金持ちになれる可能性があります。
そのような能力がない場合は、海外に移住するという考え方もあります。
日本と比べて物価が5分の1程度の国に移住すると、手元の現金が5倍に増えたという考え方ができます。
銀行にお金を預けているだけで、多額の利息がつく国もあります。
昔の日本のように、ある程度のお金を銀行に預けていれば、利子で生活が出来る可能性があります。https://byosoku-kanemochi.com/articles/FmtXh

どのようなお金持ちの対策であっても、奇抜な発想がどうしても必要です。
人に使われている仕事をしている間は、生活を大きく変える事が出来ないので、仕事のスタイルから変えていく必要があるかもしれません。