インターネットの発達によって、今世界のあらゆるプロジェクトが流動的に進んでいます。
そのスピードは非常に早く、一日遅れるということが致命的な遅れになることが常識的になっている程です。
そのため、あらゆるプロジェクトにおいてスピード感を持って臨むということはもちろんのこと、いついかなる時でもプロジェクトの流れを止めないということが重要になっています。

レンダリングにおいてはクラウド化がその流れを汲んで非常に発達しています。
今までのCPU依存のレンダリングではなく、クラウド管理されたレンダリングサービスが流行しているのです。
こちらのサービスはクラウドサービスとなっているため、いつ、どのような場所でもレンダリングを行うことが出来ます。
そのため、利用が盛んに進められているのです。

このクラウドレンダリングサービスの中でも注目されることがあるのがRender Poolです。
Render Poolは専用に開発された高性能GPUサーバーを1,000台以上稼働させています。
また、利用方法が可能なため誰でも使うことが出来るのです。
セキュリティに対しても1フレームごとに暗号化しているので、自分たちの大切なデータを預ける安心感があります。
料金設定もシミュレーションできるため、どのくらいの予算になるのか把握出来るのも強みです。